NATURE TECHNI COLOUR MONO

川内村のモリアオガエル

マグネット×ストラップ
  • モリアオガエル 黄緑


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル 深緑


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル 水色


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル アルビノ


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル 斑紋(多め)


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル 斑紋(極少)


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル 斑紋(薄め)


    Rhacophorus arboreus
    両生類無尾目アオガエル科
    体長:5〜9cm(メスの方が大きい)
    体重:7〜60g
    生息環境:山地の森林など
    主食:昆虫など
    説明を開く
    説明を閉じる
    本州、四国、九州にすむ、日本固有種のカエル。オスよりもメスの方が大きい。背中は緑色で、茶色い模様があるものもいる。発達した指の吸盤で上手に木に登り、ふだんは木の上でくらしている。冬は木から降りて、土の中などで冬眠する。カエルには珍しく、木の上で産卵する習性がある。4〜7月頃に、池や沼、水田などの水面にせり出した木の枝や葉の上に、白い泡のかたまりの「泡巣」をつくって、その中に300〜500個の卵を産む。泡巣は卵が乾燥しないように守り、1週間ほどで孵化したオタマジャクシは、下の水中に落ちて成長する。
  • モリアオガエル
    黄緑
  • モリアオガエル
    深緑
  • モリアオガエル
    水色
  • モリアオガエル
    アルビノ
  • モリアオガエル
    斑紋(多め)
  • モリアオガエル
    斑紋(極少)
  • モリアオガエル
    斑紋(薄め)

NATURE TECHNI COLOUR MONO

川内村のモリアオガエルマグネット×ストラップ

各300円 / 全7種
両生類
発売日:2013年4月下旬
原型制作:KOWKOW(c)
企画総指揮:佐藤純也

東日本大震災による原発事故で被害を受けた福島県川内村
を支援するために、村のシンボルであるモリアオガエルを
モチーフに制作しました。
商品の売上の一部は川内村に寄付されます。