NATURE TECHNI COLOUR MONO

ダンゴウオ

マグネット×ストラップ
  • ダンゴウオ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ オレンジ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ ピンク


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ 斑柄


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ 苔柄


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ オレンジ(幼魚)


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ 黄色(幼魚)


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ 緑(幼魚)


    Lethotremus awae
    魚類・カサゴ目ダンゴウオ科
    大きさ:約2cm
    分布:南日本の一部を除く日本各地、東シナ海北部、黄海
    生息環境:浅海の岩礁域
    説明を開く
    説明を閉じる
    名前の通りダンゴのような丸い体型で、腹部に腹びれが変化した吸盤を持つ。低水温域の潮間帯から水深20mほどに生息し、本州南岸では冬から春に見られる。体色は赤色系のほか、黄色や緑色など変異が多く、幼魚は淡色で頭部に白い輪がある。エサは小さな甲殻類など。二枚貝の仲間が岩に開けた穴や大型フジツボの殻にメスが産卵、オスが孵化するまで守る。
  • ダンゴウオ
  • ダンゴウオ
  • ダンゴウオ
  • ダンゴウオ
    オレンジ
  • ダンゴウオ
  • ダンゴウオ
    ピンク
  • ダンゴウオ
  • ダンゴウオ
    斑柄
  • ダンゴウオ
    苔柄
  • ダンゴウオ
    オレンジ(幼魚)
  • ダンゴウオ
    黄色(幼魚)
  • ダンゴウオ
    緑(幼魚)

NATURE TECHNI COLOUR MONO

ダンゴウオマグネット×ストラップ

各200円 / 全16種
魚類
発売日:2012年7月下旬 原型制作:KOWKOW(c) 企画総指揮:佐藤純也